大人気の男子と地味な私がカップルに!

blog


私には3年お付き合いをしている彼氏がいます。高校時代からの付き合いです。
彼は優しくてすごい笑顔がかわいい人です。回りから見たら自慢の彼氏というように見えるはずです。私自身も彼のことを自慢に思っています。

しかし、この3年間不満がないわけではありませんでした。
ルックスがいい彼は私以外の女性から言い寄られたりと彼は女友達が多かったんです。
こんな私が彼女でいいんだろうかと毎日、高校時代は頭を抱えていました。

ある日、私は思い切って別れを告げました。すると彼は泣き崩れるほど拒みだしたのです。
彼が泣いているところを見るのは初めてでした。涙に免じて私も彼の隣でい続けることを決めました。ただし、彼から振られるまではです。

高校卒業後、彼のご両親の都合で彼が住む家がなくなったのです。それがきっかけで私の実家で一緒に住むことになりました。
一緒に住み始めても私の振られる覚悟がなくなることはありませんでした。
しかし、一緒に住み始めて1年が経過したクリスマスの夜のことでした。私たちは普段よりも少し豪華な料理を楽しんでいました。
食べ終わったとき、彼が「目をつぶって」といったのです。暗いですが目の前に何かを置いた音がしました。目を開けると、ブリザードフラワーがあったのです。

クリスマスプレゼントと認識しありがとうと伝えようとしました。伝えようとした瞬間、彼が「結婚してください」と顔を赤らめて言ったのです。
私がしていた振られる覚悟とは真逆のことでびっくりしました。こんな私がいいのかと改めてわかり「はい」と返事しました。
この瞬間のことは今でも思い浮かびます。人生で1番嬉しくて1番彼がかっこいいと改めて思えた日でした。